topics

絞り込む

該当ショップ

リリース年度

  • new
  • イベント
  • 2019.04.11

〈アート展〉狩野岳朗作品展「In the City」

アルフレックス東京で、画家 狩野岳朗(かのうたけろう)作品展を開催

アートとインテリアの心地良い関係を提案する企画「LIFE with ART project」。このたび恵比寿「アルフレックス東京」では、油彩の作品を中心に制作し、装画や挿絵などでも活躍する画家 狩野岳朗の作品展を開催します。

狩野氏の作品は壁に掛けたとき柔らかな空気を纏って空間を満たします。部屋に飾るための木の絵を描くところから始まったという彼の作風は、暮らしに寄り添いながら、アートが身近な存在であることを気付かせてくれます。油絵の具の質感や、時に大胆なタッチも魅力のひとつ。ぜひアルフレックス東京の上質なインテリア空間でごゆっくりお楽しみください。

オープニングレセプション
4月25日(木)19:00~20:30(予約不要・無料)
独創的なケータリングや食にまつわる活動が広く支持される山フーズと狩野氏がコラボレーション。作品からインスピレーションを得たお菓子をご用意いたします。作家を囲んで春の夜のひとときをお楽しみください。

作家によるミニガイドツアー
同日19:40ごろ(予約不要・無料)
アルフレックス東京の店内展示を作家と廻るミニガイドツアーを行います。制作にまつわるお話や暮らしの中のアートについて伺います。どなた様もお気軽にご参加ください。

左:「in the city」 S40 油彩/右:「不透明な交換」 S10 油彩

《 作品展コンセプト 》

「ハチやアリには超個体と言われる全体意識があるという。多数の個体から形成され、それらが一つの生物的な総合体であるという感覚だ。個々の行動は巣が望んでいる活動なのだと。

仮に私を含めたこの都市が一つの有機体の塊だとすると、私の選択もまたこの大きな塊の何かしらの意思が降り注いでいるのかもしれない。」

狩野 岳朗作品展 「In the city」

■ 日程:4月25日(木)ー5月14日(火)
※水曜定休、但し4月29日(月・祝)〜5月6日(月・休)の間は休まず営業いたします。
■ 時間:11:00ー19:00
■ 会場:アルフレックス 東京

Curated by noie.cc

2018年「nidi gallery」での展示風景

画家 狩野 岳朗

1975年群馬県生まれ。東京都在住。

植物や自然を観察し、生命感を探りながら抽象絵画を制作する。2007年より展示活動を開始、作品発表の他ワークショップやライブ活動、書籍の装画やアパレルブランドとのコラボなどを手がける。

仕事として、2017年土屋鞄製造所のクリスマスビジュアル、「僕の音楽畑にようこそ」服部克久著、「晴れたり曇ったり」川上弘美著、「哲学散歩」木田元著などの装画、Number連載・西川美和エッセイの挿絵やアパレルブランド「sneeuw」とのコラボレーション等。

2011年、古物、制作物を扱うIONIO&ETNAを立上げる。

» www.sktec.org

» Instagram @kanotakero


家具と共に生活を彩り、暮らしに潤いと楽しさをもたらすアート。アルフレックスでは〈LIFE with ART project〉と称し、ジャンルも表現も様々なアートイベントを開催してまいります。

ページ上部に戻る