営業 中日本営業部 コントラクトチーム

田中さん Tanaka

建築と
住まいのプロから
真っ先に頼って
もらえる存在に。

職種詳細を見る

設計事務所から工務店
フリーのコーディネーターまで
広く担当

建築事務所や工務店の設計士、フリーで活動するインテリアコーディネーターの方に向けて、当社の家具をご提案することが主な仕事です。家具の選定とレイアウトはもちろん、照明やラグなどインテリア全体を広く提案するのがコントラクト営業の特徴。

名古屋エリアで扱う物件は個人の住宅がほとんどで、一部商業施設などの大型案件もあります。インテリアコーディネーターは自宅で仕事をされている方も多く直接訪問することは少ないため、新製品やイベントのご案内をこまめに送り、アルフレックスの存在を思い出していただけるようにしています。

私は異業種からの転職で、入社直後は家具の知識がほぼない状態でした。取引先様はいわば建築やインテリア業界のプロなので、初めは「このくらいは知っておいたほうがいいよ」とお言葉をいただくことも。

経験の浅い私にとってはひとつひとつが厳しくも温かなご指導で、今ではとても感謝していますし、大切なのは真摯に学び続ける姿勢だと感じます。これからも、業界の第一線で活躍する方々のお手伝いをしている自負とリスペクトの気持ちは変わらず持ち続けていきたいと思います。

こつこつと実直なアプローチで
新規営業から案件につながった

取引先様にご提案をする上で意識しているのは「分かりやすく、魅力的な紙面の資料をつくる」「他社よりも早く提出する」という2点。当たり前のことだからこそ気を抜かず、基本を常に大切にしています。人とフランクに話すのが得意なタイプではないこともあり、トークではなく行動で当社の強みや自分の熱意を伝えたいと思っています。

私が入社した当時、名古屋でアルフレックスのブランド認知度は低く、建築事務所や工務店を回って30件に1件、少しお話ができるかどうかという状況。時間をかけてご説明できることはほとんどありませんでした。そんな中、ある建築事務所様のために資料を作って何度も持参するうち、少しずつ話を聞いてくださるようになって。ちょうど事務所のチェア買い替えのタイミングと重なり、当社製品を数脚お納めすることができたんです。

もちろんご購入いただけたことも嬉しかったですが、売上の大小ではなく、関係性を築けたことが何よりの喜びでした。それがきっかけとなり、その建築事務所様からは物件のプラン依頼もいただくことができています。自分なりの地道な営業スタイルが報われたと感じた、非常に充実感のある仕事でした。

自分なりのアイデア生かし
当社ブランドの魅力を
広くアピール

最近は社内の販促物制作チームと連携して、ブランド紹介冊子などを制作し取引先にお渡ししています。自分で作成するビジネス文書では表現しきれない、ビジュアルに訴えるツールで当社ブランドの魅力をお伝えしたかったからです。こうやって自分で考えたアイデアをどんどん実行でき、他部署もそれに協力してくれる環境はありがたいですね。

最近、名古屋オフィスは「仕事をしながらも住まいのように居心地のいいオフィス」というコンセプトのもとリニューアルしました。フリーアドレスの広々としたデスクと、ランチや休憩用のリラックススペースも完備。以前よりメリハリがついて効率的に働けていると感じますし、何より毎日過ごす空間が魅力的だと気持ちがいいですよね。

目標としているのは、名古屋エリアの設計士さんに「とりあえず、アルフレックスの田中に相談してみよう」と思っていただくこと。何かあったときすぐに顔が浮かび、頼ってもらえる存在になりたいです。中日本営業部はまだ規模が小さいからこそ開拓の余地もありますし、志は高く持ちたい。店のスタッフや他の営業担当者と協力しながらもっと当社のブランドを広めていきたいと思います。