六本木ヒルズレジデンス

六本木ヒルズレジデンスのリニューアルに際し、一室全体のプロデュースを担当。家具はもちろん床壁天井などの内装材、建具パーツ、ファブリックや照明に至るまでをご提案した。アルフレックスの世界観を細部まで貫き、家具と空間を調和させることで、15年という築年数を感じさせないスタイリッシュな住まいに仕上げた。

導入商品 ◆LDK
ソファ・リビングテーブル ERA
リビングテーブル CLIPS
パーソナルソファ LUCIA
ダイニングテーブル AFFOGATO
チェア APERTO
キッチン PRIME(ダーダ)
TVボード PASS-WORD(モルテーニ)

◆マスターベッドルーム
ベッド BRERA
サイドテーブル・ベンチ MONTEBELLO
ソファ SONA
サイドテーブル LITS

◆ゲストベッドルーム
ベッド BRERA
サイドテーブル・デスク MONTEBELLO
デスクチェア FLUTE

◆ウォークインクローゼット
GLISS MASTER(モルテーニ)

◆スタディルーム
デスク FORTEPIANO ※製造終了商品
デスクチェア OUTLINE
クローゼット GLISS MASTER
(上記全てモルテーニ)

◆エントランスホール
スツール FALO STOOL(リーヴァ)
シューズクロークGLISS MASTER(モルテーニ)

上品なヘリンボーンの無垢フローリングが印象的なLDKはシックなブラウンを基調に、シンプルでありながら温かみのあるトーンでまとめた。伸びやかなプロポーションのソファとリビングテーブルのシリーズ〈ERA〉で空間を広々と見せ、美しいラウンドフォルムのパーソナルソファ〈LUCIA〉をアクセントに配した。
存在感のある2本の脚部とダークカラーの仕上げがモダンなダイニングテーブル〈AFFOGATO〉。ノスタルジックなイメージの布張りチェア〈APERTO〉を合わせて印象をやわらげた。
Dada社のキッチン〈PRIME〉は、扉やワークトップのエッジ部分に施された45度のカットが特徴。扉を開閉する際の手の掛けやすさと、パネルを薄く繊細に見せる視覚的な効果を両立している。ミニマルなデザインが、壁面とワークトップに使用した大理石の豊かな表情を際立たせている。

2つのベッドルームにはそれぞれサイズの異なる〈BRERA〉をセレクト。マスターベッドルームは、深いくつろぎをもたらす落ち着いた色調で統一。一方ゲストベッドルームはやわらかなトーンでまとめ、明るさと安らぎの同居する空間に仕上げた。
マスターベッドルームとつながるスタディルームのチェアはMolteni&Cの〈OUTLINE〉。色味を空間に馴染ませながら、レザー張りでグレード感を演出した。

ワードローブのすべてを美しく演出するウォークインクローゼット〈GLISS MASTER〉はMolteni&Cの代表製品。独自の高い技術力によって実現した蝶番やダボ穴などを見せない機構、またなめからな開閉のドロワーや繊細なLED照明などの機能が使うたび高揚感を与えてくれる。

ベージュのタイル張りで仕上げた開放的なエントランスホールには、焚火をモチーフにした無垢材のスツール〈FALO STOOL〉で彩りを。シューズクローゼットはMolteni&Cの〈GLISS MASTER〉で構成し、機能性と審美性を両立した贅沢な収納スペースをつくり上げた。

今回導入した商品

住空間・商空間のトータルコーディネートやプロデュースについてのお問い合わせはこちら

ページ上部に戻る