アルフレックスジャパンは2014年10月より、モルテーニの新製品を発売いたします。
収納をメインとした空間提案はますます進化を遂げ、ソファはより時代性を反映した機能的なモデルが登場。
その他、ジオ・ポンティコレクションとしての復刻チェアや、デスク機能も果たす壁面ユニットなど幅広いラインナップです。
新たなモルテーニスタイルをご覧ください。

New Model Exhibition 2014

アルフレックスジャパンでは以下の日程で、2014年秋の新製品展示会を開催いたします。
〈Molteni&C〉の新製品や〈arflex〉の代表的ソファの新バージョンをご覧いただけます。この機会にぜひお越しください。

■アルフレックスショップ東京
日時:10月2日(木)-10月7日(火) | 11:00am ― 7:00pm

■アルフレックスショップ大阪
日時:10月15日(水)-10月21日(火) | 11:00am ― 7:00pm

■アルフレックスショップ名古屋
日時:11月13日(木)-11月21日(金) | 11:00am ― 7:00pm

■カンディハウス札幌(エリア総代理店)
日時:10月30日(木)-11月3日(月・祝) | 10:00am ― 6:30pm

■プロポスタ(アルフレックス福岡)
日時:11月27日(木)-12月2日(火) | 11:00am ― 6:00pm

※展示品は、各ショップにより異なります。予めご了承ください。

●収納による立体的な空間提案

1.収納で壁(仕切り)を作る:505 Design:Nicola Gallizia プロダクトページを見る

モルテーニのシステム収納の中で、最も人気の高い〈505〉シリーズに、新しいユニットやパーツが追加されました。
壁面の前に収納を置くという従来の概念を取り払い、収納が空間の間仕切りとなって壁面そのものの役割も果たします。
機能的で開放的、かつ可変性もある空間を新たに提案します。

収納で壁(仕切り)を作る:505

80インチまでの大画面TVを隠すことの出来るスライド扉が追加。独自のスライド機構により、滑らかな動きを実現。

待望のコーナーユニットが登場。
両面使用可能なオープン型コーナーユニットと、扉付コーナー
ユニットがあります。

特許取得の機構により、丁番を見せることなく
扉のスムーズな開閉機能を実現しました。
中に飾るものをより美しく演出することができます。

2.空間を演出する収納:PASS-WORD Design: Dante Bonuccelli プロダクトページを見る

ベンチ・ウォールユニット・ボックスユニットの3つからなる多目的収納シリーズは、空間を美しく演出します。
用途に合わせて様々に組み合わせることで、これまでにない新しい印象のリビングシーンを作り出します。

ウォールユニット

バックパネルとサイドパネルがなく、
機構も一切見えない壁面収納。その様はまるで宙に浮いているかのよう。

ボックスユニット

床置型と壁掛け型が用意されたボックスユニット。開き扉、引出し、フラップ扉など用途に合わせて仕様を選べます。

ベンチ

USB充電やLANなどのマルチメディア機能を隠すカバー付もセレクト可能。テレビボートやセンターテーブルとしても使用できます。

●機能性・デザイン性を増したソファ2モデルが登場。

REVERSI’14 Design:Studio Hannes Wettstein プロダクトページを見る

背もたれの高さを「リラックス」「フォーマル」「コンフォート」の3段階に調節できる、機能性とデザイン性を併せ持つソファ。

BREEZE

Design:Matteo Nunziati

住宅はもちろん、オフィスやホテルのラウンジ等にも適した、コンパクトで美しいラインのソファ。

プロダクトページを見る

●GIO PONTI COLLECTION プロダクトページを見る

イタリア建築・デザインの父と称されるジオ・ポンティがデザインした家具コレクションを復刻し、製品化するプロジェクト「GIO PONTI COLLECTION」に、今回チェアが加わりました。

チェア D.270.1 / パーソナルチェア D.270.2 Design:Gio Ponti

1970年にミラノのユーロドムス産業見本市で発表されたチェア。住宅の限られたスペースを最大限に活用するために作られたチェアは、折りたたみ式で、軽量かつ堅牢な作りとなっています。

チェア〈D.270.1〉

パーソナルチェア〈D.270.2〉

通常の張り地の他、ラタン(籐編み込み)と1970年にジオ・ポンティがデザインしたファブリック”Poesia del mare”(写真上)もセレクト可能。

モンテカティーニ・チェア D.235.2 Design:Gio Ponti

2012年に復刻されたアルミ製のモンテカティーニ・チェア〈D.235.1〉に、シートとシートバック部分に厚革が張られたタイプ〈D.235.2〉が追加されました。レザーは12色からセレクト可能。

モンテカティーニ・チェアは1935年にポンティがデザインしたミラノ市のモンテカティーニビル(アルミ製造会社ビル)
プロジェクトの一貫として発表された代表作のひとつです。

●その他、チェアシリーズとユニット型デスクも登場

CHELSEA Design: Rodolfo Dordoni

古典的な安楽椅子の心地良さを再構成したチェアシリーズ。

プロダクトページを見る

SEGRETO Design: Ron Gilad

壁面のどの高さにも取り付け可能な、直角三角形のユニット。
扉を開けると秘密のデスクが現れます。

プロダクトページを見る