お気に入りのソファに身体を預けるくつろぎの時間や、丁寧に研がれた包丁の気持ちいい切れ味。良い家具や道具は毎日に小さな心地よさをもたらし、その積み重ねは心の豊かさにもつながります。

今回は人気料理家の松田美智子さんと一緒に、 住まいと料理にまつわる上質なモノ選びのヒントをお伝えします。 この機会に、ずっと愛せる「一生もの」を手にしてみませんか。

■日程:7月11日(水)

■時間:11:00〜13:30(10:30開場)

■人数:15名様(先着順)

■会場:アルフレックス東京

■会費:8,000円

(レシピ&試食付き、税込/費用は事前振込)



松田さんが調理したお料理2品の実食付き


1. インテリアツアー
『長く愛用できる家具』

店内のリビングやダイニングシーン、ベッドルームを巡りながら、家具やレイアウトについてアルフレックスのインテリアコーディネーターが解説。飽きのこないデザインと高い耐久性を求めるアルフレックスのものづくりと、長く使える家具の選び方についてお話します。


2. 調理デモンストレーション&実食
『自分で育てる台所道具』

松田さんがご自身で愛用する包丁と鉄鍋を例に、良い道具を大切に使い続ける喜びと楽しさについてお話します。実際の調理工程を見た後は出来立てのお料理を実食。レシピも持ち帰りできます。

【お食事のメニュー】 
◆一生覚えておきたい鶏から揚げ&竜田揚げ
◆ちりめん山椒と胡瓜の香りご飯




料理:料理研究家 松田美智子
1955年東京生まれ。ホルトハウス房子先生に師事し、各国の家庭料理を学ぶ一方、日本料理、中国家庭料理を学ぶ。日本雑穀協会理事、料理研究家、テーブルコーディネーター、女子美術大学講師。

1993年より恵比寿で「松田美智子料理教室」を主宰。季節感と素材そのものの味、風味を大切に、「楽しく作って、美味しく食べて、体も心も健康」をモットーに活躍。