温度の解き方
津守秀憲・今井瑠衣子 作品展
6月19日(月)-7月16日(日)11:00am-7:00pm
アルフレックス東京


津守秀憲はガラスと土を調合する独自の技法で、素材と温度の関係性によって生み出されるダイナミックな表情を巧みに造形に落とし込みます。一方、今井瑠衣子は真鍮網にガラスを焼き付ける手法により、身の回りのものが持ち主の体温を宿してゆくイメージを繊細に表現します。

ガラスという素材の探求から生み出されるふたりの作家の素材や温度への”解”を、皆様の日常の様々なシーンに寄り添ったインテリアとともにぜひご覧下さい。

Curated by noie.cc

※ 展示作品は入れ替えなどの事情で上記の作品がご覧いただけない場合もございます。ご了承ください。


作家 プロフィール

津守 秀憲
1986 東京都生まれ
2012 多摩美術大学美術学部工芸学科ガラスプログラム 卒業
2014 富山ガラス造形研究所 卒業
2017 金沢卯辰山工芸工房 修了

今井 瑠衣子
1991 神奈川県生まれ
2014 多摩美術大学美術学部工芸学科ガラスプログラム 卒業
2017 金沢卯辰山工芸工房 修了