アルフレックスショップ東京では10/23(木)より、テキスタイルデザイナーの鈴木マサル氏とのコラボレーションイベントを開催いたします。鈴木氏の色鮮やかで大胆なデザインがアルフレックスの家具や空間を劇的に変える本企画。イベントをより楽しんでいただくために、今回ご本人にインタビューを行いました。

Interview

●まずはじめに、テキスタイルデザイナーを目指されたきっかけと、鈴木さんが考えるテキスタイルデザインの魅力を
教えてください。

美大の染織科で工芸的な事をメインに学んでいたのですが、図書館にあった昔のインテリア雑誌でマリメッコを知りました。さらに3年生の時に日本を代表するテキスタイルデザイナーの粟辻博先生の授業を受けた事で一気にテキスタイルの世界にのめり込んで行きました。

今でも鮮明に覚えているのが、最初の授業で粟辻先生が「倉庫の様な殺風景な空間にピンクの生地を広げるだけでその場所をパーティー会場に変える事が出来る。テキスタイルは空間を、環境を変える力がある」と言う話です。テキスタイルデザイン、特にプリントテキスタイルの魅力はまさにその一言に尽きると思っています。

●今回のコラボレーションでメインのアイテムとなった、ソファ<マレンコ>の第一印象をお聞かせください。

<マレンコ>はずっと前からもちろん知っていました。麻の張り地にロゴのスタンプを押した見た目がアパレルで使うトルソー(マネキン)を連想させ、他のソファーには無い物質感と存在感を持ったソファーという印象でした。

カバーリングシステムで、簡単に張り地を変えられるという点も、テキスタイルデザイナーからするとスペシャルな存在。その存在感は今回デザインをしていても私の中で変わることはありませんでした。

ソファ〈マレンコ〉のプロダクトページはこちら

●鈴木さんのファブリックブランド「OTTAIPNU」の生地から、<マレンコ>用にセレクトして生まれた「DANCE」についてお聞きします。具体的に、どのようにして<マレンコ>に合う生地を選んでいかれたのでしょうか?

実は当初は、「上手くやろう」と思っていました。相性の良い柄や色をチョイスして、「使用する事」に対してかなりリアリティーの持てる仕上がりにしたかったのです。

そうしたら、全然上手く行かない。何回やっても。困り果てて、試しに全く違うアプローチを試みてみました。

色も柄もなるべく合わないようなものを隣にもってきて構成してみたのです。
そうしたらこれが案外しっくり来て。

その後はとにかく「攻める」気持ちで生地を選びました。

DANCE〈ダンス〉
OTTAIPNU http://ottaipnu.com/

●今回の企画のために新しくデザインされたファブリックについてお聞きします。
 動物モチーフの「PARK(パーク)」とドット柄の「BALLOON(バルーン)」。
 それぞれのコンセプトをお聞かせください。

2つに共通することですが、今回アルフレックスの隙のないモダンデザインの中に、自分のある意味カワイイ(?)デザインを放り込むことで、見たこともない<マレンコ>を生み出したいと思いました。

動物モチーフ<PARK>を選んだのは、それがシャープなモダニズムとは対極の存在の「カワイイ」要素をふんだんに持ち、
なおかつ人の感情に入って行きやすい要素も併せ持っていると考えたからです。
このデザインは<マレンコ>の美しいフォルムをある意味全く無視して1枚のキャンバスと捉え、
デジタルプリントの技法で各パーツの柄がつながったり分断されたりする絵画的な表現を試みています。

ドットの柄<BALLOON>は、マレンコ用のファブリックにアナログな手捺染で柄をプリントしています。

変則的な連続柄がシートの各パーツで分断されることで予測出来ないパターンが生まれます。

ドットのモチーフにしたのは、丸みを帯びた<マレンコ>のフォルムに近く、ドットのパターンが分断されることで<マレンコ>のフォルムが様々に変化して見える視覚的な効果をねらったからです。

●「椅子張り」への取り組みがはじめてということで、苦労した点や、新たに気づいたことがありましたらお聞かせください。

テキスタイルって、例えば服にしてもカーテンにしても、最終の形になっても形は定まらないで揺れ動いているものなのですよね。

それが椅子張りになると完全に椅子の形になると言うか、椅子の形に支配されると言うか。要はテキスタイルの役割としては主に素材感が重要であって、柄はそれほど大切ではない。むしろ柄は椅子のフォルムに影響するので邪魔と言っても良いくらいの存在です。

ただ、逆に考えれば色柄が入る事で今までとは違う価値観が生まれやすいという状況でもありました。

実際作業をしてみると、マレンコの形に合わせようと思うと上手く行かず、違和感があるだろうと思っていた大きな柄や強い色彩はスルスルとマレンコの形にはまって行く事に驚きました。きっとマレンコの持つ普遍性や懐の深さならではだと思います。

●最後に、展示会にお越しいただく方に向けたメッセージをお願いします。

今回の異なる技術で作られた3種類のテキスタイルに包まれた<マレンコ>は、皆さまの知っているあのクールな<マレンコ>とはまったく別の姿を見せることになると思います。

モダンデザインとカワイイデザインが絡み合い、テキスタイルによって劇的にソファーが、そして環境そのものが変わっていく瞬間を、ぜひご覧ください。

■PROFILE

鈴木マサル (テキスタイルデザイナー)

多摩美術大学染織デザイン科卒業後、粟辻博デザイン室に勤務。

1995 年に独立、2002 年に有限会社ウンピアット設立。

2005 年からファブリックブランド OTTAIPNU(オッタイピイヌ)を主宰。

自身のブランドの他に、2010 年よりフィンランドの老舗ブランド marimekko のデザインを手がけるなど、現在、国内外の様々なメーカー、ブランドのプロジェクトに参画。

東京造形大学准教授、有限会社ウンピアット取締役。

http://ottaipnu.com/

http://masarusuzuki.com/

■イベントの日程など、開催概要はこちらからご覧ください。