2014年6月より発売となったアルフレックスの新製品、テーマは「My Contemporary Life」。 より本質的なものを求め、自らの価値観で選択し、生活を創造する。 自分らしいこれからを作るスタイルをご提案します。

「My Contemporary Life」を象徴する、ソファ<マジェンタ>

今回のテーマ「My contemporary Life」を形作る大切な要素の ソファ<マジェンタ>(上記写真右)。ふくよかなシートと細い脚部との 対比がモダンな印象のこのソファは、ミラノで活躍する デザイナー、セルジオ・ブリオスキによるもの。現代の人にも、 クラシックなスタイルを自分らしく楽しんで欲しいという思いから 生まれました。 対面式ソファとしてはもちろん、L字展開も可能。 シートの高さもハイタイプとロータイプから選べます。 <マジェンタ>のシンプルなデザインは、周辺に足すパーソナルチェアや テーブルなどのデザインを邪魔せず、それぞれの個性をより引き立たせます。

【上記写真左】 パーソナルソファ<ジュリオ>
【上記写真奥】 リビングテーブル<モンテベロ>
【上記写真中央】 リビングテーブル<ブリゲッラ>/GLAS ITALIA

グレーがつくる、静かな世界

今回の新製品は、色や素材を上手く組み合わせることで、 自分
らしいスタイルを楽しむことができます。写真は、色のトーンを
グレーで 統一した、穏やかで静かな世界。一見無機質なグレーの世界に、濃淡のニュアンスや木目、 様々なテクスチュアーがやわらかなハーモニーを奏でます。
この空間を作り上げているのが、日本人デザイナー藤森泰司氏
による、テーブル<フィヨルド>と、チェア<ルネ>
クールな表情に、無垢材のあたたかみとナチュラルさが
プラスされています。 この奥行きの深さが、グレーならではの
魅力です。

〈arflex〉 2014年 新製品発売のご案内

チェア<ダーレム>による、

カタチとカラーのリズム

世界のデザイン界で注目を集めるドイツ人デザイナー、
コンスタンチン・グルチッチによるチェア<ダーレム>
過去のデザインにインスパイアされながらも、 他にはない現代的な印象となった<ダーレム>は、 彼が初めて日本の家具メーカーと取り組み、 また初めて「木」だけで家具を構成することにトライした 記念すべきチェアとなりました。
並べることで、線と面だけの幾何学的な佇まいが生まれ、
パターンのような美しさを楽しめます。 また、あえて異なる色をミックスすることで、 アクティブで新しい印象に。
デザインに向き合うグルチッチの 知性やユーモアが詰まったチェアが生み出す、 カタチとカラーのリズムです。

■新製品一覧はこちら

〈arflex〉 2014年 新製品発売のご案内
others_new.jpg

<その他の新製品>

鋳物で作られた脚部と無垢材の質感が共鳴する、1本脚の円形テーブル<コラム>(写真左)と、
存在感のある天板と細い脚部のコントラストが軽快な印象のリビングテーブル<リネア>(写真右)。