designer

時代にあった豊かなライフスタイルを提案するため、アルフレックスの思いを形にしてきた国内外のデザイナーたち。
ともに歴史をつくってきたデザイナーをご紹介します。

ARFLEX JAPAN R&Dアルフレックス ジャパン R&D

discontinued デザイナー紹介

アルフレックス ジャパンのデザイン部門。

Hidekazu Ashida芦田 秀一

discontinued デザイナー紹介

1969年大阪生まれ。1992年東京造形大学卒業後、住宅設備機器メーカーにて製品デザインを担当。その後、建築デザイン事務所を経て、2005年に ASHIDA DESIGN. を設立。家電製品や家具、インテリア用品などのプロダクトデザインを中心に活動中。SEKISUIプロダクトデザインコンペグランプリ、Good Design賞等、受賞多数。フランス在住。 http://www.ashidadesign.com

Sergio Brioschiセルジオ・ブリオスキ

discontinued デザイナー紹介

イタリア、ミラノ生まれ。ミラノデザイン工科学校を卒業後、建築家マリオ・ベリーニの事務所、アントニオ・チッテリオの事務所を経て、1994年ブリオスキ・スタジオを設立。インダストリアルデザイン、インテリアデザイン、コーポレートイメージなど数多くを手掛ける。2005年に日本企業で初めてアルフレックス ジャパンと取り組んだ。

C.O.D.シー・オー・ディー

discontinued デザイナー紹介

アルフレックス ジャパン 創立者「保科正」が、1998年北マリアナ諸島連邦(サイパン島)に設立したデザインチーム。 従来から共に活動してきたパートナー「藤戸琢也」(プロダクトデザイナー)と共に「時代が移り変わっても大切に使われる<もの>を創造する」というセオリーに基づき、長年アルフレックスジャパンのための製品デザインを手掛けてきた。現在も、広く新しいライフスタイルの造形に挑戦している。

Claesson Koivisto Runeクラーソン・コイヴィスト・ルーネ

discontinued デザイナー紹介

ストックホルム出身の3人組、モーテン・クラーソン、エーロ・コイビスト、ウーラ・ルーネにより、1995年に結成された建築設計集団。建築・インテリア、および、家具、プロダクトの広い範囲で世界的に活躍中。スウェーデン内外で、建築やデザインの分野においての講演活動なども行っている。

Carlo Colomboカルロ・コロンボ

discontinued デザイナー紹介

イタリア生まれ。ミラノ工科大学で建築とインダストリアルデザインを学ぶ。イタリアを中心とする有名メーカーの製品デザインを多数手掛ける一方、住宅設計や商業空間のインテリアデザインにあたる。インテリア界で注目されるデザイナーの1人。

Monica Försterモニカ・フォスター

discontinued デザイナー紹介

スウェーデン生まれ。1997年、コンストファック国立芸術 工芸デザイン大学を卒業。現在はストックホルムにて自 身のスタジオを主宰し、国内外の著名なブランドとコラボ レーションを行っている。数々の賞を受賞し、作品は MoMA、V&Aなどの美術館コレクションに選ばれている。 スウェーデンのコンテンポラリーデザイン界をリードするデ ザイナーとして国際的に高く評価されている。

Taiji Fujimori藤森 泰司

discontinued デザイナー紹介

埼玉県生まれ。1991年東京造形大学卒業後、家具デザイナー大橋晃朗に師事。1992年より長谷川逸子・建築計画工房に勤務。1999年に藤森泰司アトリエを設立、現在に至る。家具デザインを中心に据え、建築家とのコラボレーション、インテリア・プロダクトデザインの分野で活動中。桑沢デザイン研究所、武蔵野美術大学、多摩美術大学非常勤講師も務める。http://www.taiji-fujimori.com/

Konstantin Grcicコンスタンチン・グルチッチ

discontinued デザイナー紹介

1965年、ドイツ・ミュンヘン生まれ。90年にロンドン・ロイヤルカレッジ・オブ・アートを卒業後、ジャスパー・モリソンの事務所に勤務。91年にコンスタンチン・グルチッチ・インダストリアルデザインを設立以降、様々な企業の家具、プロダクトなどを開発し、数々の賞を受賞している。多くの作品がニューヨーク近代美術館等のパーマネントコレクションに選定されている。

Laura Griziottiラウラ・グリツィオッティ

discontinued デザイナー紹介

1967年、ミラノ工科大学建築科卒業後、チニ・ボエリに師事。チニのパートナーとして、インダストリアルデザイン、インテリア、建築の分野で数多くの作品を手掛ける。その後独立し、建築、インテリアデザインの分野で活動を続ける。インダストリアルデザインでは、イタリアのほか、スペイン、ドイツのメーカーからも製品を発表している。

ページ上部に戻る